鼻から胃カメラ内視鏡 胃潰瘍でした。

ここ何ヶ月か胃の痛みがあり、調子が悪いので胃腸病院へ行きました。診察して先生の判断で想像どうりやはり胃カメラ検査が必要とのことでした。

即検査ということになりましたが、この病院では鼻から胃カメラ検査ができるということで、通常の口から胃カメラは何度か経験がありかなり辛かったので鼻から胃カメラ検査に即決断。

先ずはじめに鼻に麻酔を入れ鼻のとうりを調べます。私の場合は右の鼻の穴のとうりが悪かったので、左の鼻の穴に決定しました。もし両方の鼻の穴のとうりが悪い場合は口からの胃カメラ検査となる様です。

さて検査が始まって、鼻用胃カメラは太いうどん位の太さです。口用に比べるとはるかに細いです。挿入開始して最初喉を通過する時に多少感じますが、過ぎてしまえば楽です。私の場合は胃潰瘍があったので、細胞検査の為のワイヤーを入れたので通常よりも時間がかかりました。
検査中も会話が出来ますが、私は緊張して喋れませんでした。

検査が無事終わり感想として、口からの胃カメラくらべ、鼻から胃カメラは喉への負担が少ないので遥かに楽でした。ただ麻酔が切れてから鼻から喉への違和感が私はしばらく残りました。

今後また胃カメラ検査の際は鼻から胃カメラを選びたいと思っています。

鼻から胃カメラde健康チェック―もう苦しくない!


光からADSLへ重い、遅い!

金銭的事情から、光からADSLへ切り替えました。プランは比較検討して一番安かったSo-netのADSL (eA)イー・アクセスコース50Mとくとくです。

無事取り付け完了でインターネットへ接続。重くて遅いの一言です。ブロードバンド スピードテストで測定した所800kbpsです。1Mbpにも満たないです。もちろん動画等も見れたものではありません。ちなみにNTT局舎まで500m以内です。その他取り付け環境も問題ありません。

早速So-netへ報告相談。事情を話すと回線改善工事を行うとのこと・・・。

回線改善工事が終了した様なのでまた計測・・・1.3Mbpわずかしか上がっていません。もちろん改善はありません。

再度So-netへ報告相談。再び回線改善工事を行うと回答。

どうなることやら・・・また報告します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング