選挙 民主党圧勝の勢い維持、自民党苦戦の模様!

読売情勢調査では

読売新聞社は30日の衆院選投票日を目前に控えに、全国300小選挙区のうち、激戦区や注目区を中心に200選挙区で世論調査(25〜27日)を実施し、選挙戦終盤の傾向を探りました。

民主党は序盤情勢調査で明らかになった300議席を超える圧勝の勢いを維持しており、政権交代実現の可能性が高まっています。

自民党候補は懸命に追い上げ、一部の選挙区で民主党候補との差を縮めていますが、民主党の圧倒的な勢いを止めるまでには至っていない模様。ただ、有権者の2割強が小選挙区での投票先を明らかにしておらず、情勢はなお流動的な要素もあります。

前回300小選挙区を対象に行った世論調査(18〜20日)では、「民主党が比例選と小選挙区選を合わせて300議席を超す勢い」「自民党は激減、公明党は公示前議席の確保は難しく苦戦」との情勢が明らかになりました。

とのこと

私は8月30日の衆議院選挙投票に行く予定ですが、自民党、民主党どちらが勝利しても今のこの不景気な現状を優先に改善することを強く望みます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング