衆議院議員総選挙、民主党、圧倒的な勝利で政権交代へ

第45回衆議院議員総選挙は30日、投開票が行われ、民主党が308議席を獲得する圧倒的な勝利を収め、政権交代が実現することになりました。半世紀以上にわたりほぼ絶え間なく政権を維持した自民党は衆院解散時の303議席を119議席に減らす惨敗を喫しています。

歴史に残る選挙戦だったといえるでしょう。

麻生太郎首相は自民党総裁を辞任する意向を明らかにして、民主党の鳩山由紀夫代表(62)が、9月14日の週に招集される特別国会で次の首相に選ばれるとみられています。ほぼ確実に鳩山首相の誕生です。

鳩山代表は31日未明の記者会見で「勇気を持って政権交代を選んだ国民に対し、民主党の代表として心から感謝したい・・・謙虚に、いかにして国民の方向を向いた政治というものを作り上げていくかというのがすべてだ」と語っています。

言葉で姿勢を示すのは簡単ですが、実際に行動で「国民の方向を向いた政治」というものを実現して欲しいものです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング