郵政見直しは「国民の意思」鈴木総務次官

総務省の鈴木康雄事務次官は10日の記者会見で、民主党などの3党連立政策で郵政事業の抜本的見直しが示されたことに関し「現行体制ではよくないと訴えた政党が国民の支持を得た。その意思からしても見直しは避けられない」との認識を示した。鳩山由紀夫・民主党代表が日本郵政の西川善文社長の辞任を求める考えを改めて表明したことについては、「次の内閣の基本的な方針が明確にされたと受け止めている」などと述べた。 
以上時事通信より

小泉さん時代の郵政改革見直しですね。それはいいですが、10月からの日通ペリカン便とゆうパックの経営統合にも保留等の足止めが掛かるかもしれないとのこと・・・

下請け運送関係者さんの大幅利益アップは期待しない方がいいと思います。

もともと大手運送会社佐川急便、ヤマト運輸に大差をつけられている日通ペリカン便とゆうパックが手を組んでも経営統合での急速な利益上昇はないと思いますが・・・。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング