インドネシア・スマトラ島沖地震、死者529人に 数千人に達する恐れも!

10月1日インドネシア・スマトラ島沖で9月30日発生したマグニチュード(M)7.6の強い地震で、インドネシア当局は1日、死者が529人に達したと発表する一方、犠牲者は数千人に上る恐れもあるとの見方を示した。

被災地では、現在も疲れ切った救助隊員らが、素手でがれきを掘り起こして生存者の捜索を急いでいる。

スマトラ島南方では再び強い地震が発生し、負傷者がさらに増えてパニック状態となるなか、食料品や医薬品、遺体袋などを積みこんだ航空便の第一陣が被災地に到着し始めた。

当局が確認した死者数は500人を超え、現在529人となっている。重傷者も105人出ているが、大災害の全容が明らかになるに連れ、死傷者数も大幅に増えるとみられている。多くの地区が、現在も救助隊が立ち入ることができない状態だという。

インドネシア保健省のルスタム・パカヤ(Rustam Pakaya)危機管理センター長は、「数千人が死亡したとみている」と述べた。

インドネシア軍と保健省が派遣した救助隊は、市内や周辺の集落に急行し、倒壊した建物や住居のがれきの中から生存者の捜索を続けている。しかし、1日朝には土砂降りとなり、救助活動が妨げられる中、途方に暮れた警官や軍兵士らは、地震で倒壊した学校やホテル、病院のがれきを素手で掘り起こして懸命な捜索を続けている。


地震災害怖いですね。予期出来ないので地震被害では毎回数多くの死傷者が出ています。

一刻も早い救助活動を望みます。救助隊の方々も二次災害に十分気をつけて作業して欲しいです


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング