自己破産 必要書類などの一式

友人が弁護士依頼自己破産の申し立てをして、必要な書類などの一式の連絡通知を見せてもらいました。

◎戸籍謄本
○取り寄せ先
市町村役所、区役所
○注意事項
謄本が必要で、抄本ではない。

◎住民票(世帯全員)
○取り寄せ先
市町村役所、区役所
○注意事項
世帯全員での申し込みで、本籍、世帯主など一切省略のない住民票が必要。

◎通帳
○注意事項
弁護士事務所来所前に必ず記帳する。記帳に関しては最低でも1年分は必要で、繰り越されにより通帳が1年分に満たないときは繰越前の通帳を持参する。使用していない通帳もすべて持参。インターネットバンクの場合は取引明細をコピーする。おまとめ記帳になっている場合、その金融機関の窓口でその明細を取り寄せる。家族分の通帳も必要。

◎給与明細3ヶ月分
○注意事項
家族分のも必要。

◎源泉徴収票2年分
○注意事項
家族分のも必要。

◎市、道府県民税
○取り寄せ先
市町村役所、区役所
○注意事項
最新のもの1年分を取り寄せる。基礎控除、保険料控除等の記載のあるもので、家族分のも必要。源泉徴収票がある場合も取り寄せる。

◎生活保護支給決定通知
○注意事項
生活保護者のみで、最新通知が必要。

◎年金支給通知
○注意事項
口座振込みの場合も通知が必要。

◎児童(扶養)手当支給通知
○注意事項
通知紛失の場合、役所の窓口で申請。

◎保険証券
○注意事項
生命保険、学資保険、火災保険、自動車任意保険などすべての保険証券が必要で、家族分のも必要。

◎保険解約返戻金計算書
○取り寄せ先
保険会社
○注意事項
契約している保険会社の担当者に、保険を解約した際の解約返戻金の計算書を請求すれば発行してくれる。損害保険に関しては不要。

◎自動車車検書
○注意事項
家族名義の場合も必要。


住居関係書類

借家住まいの場合
◎借家契約書
○注意事項
市営住宅など借家契約書が存在しない場合、家賃を納めた領収書を持参。

親族所有の家に住んでいる場合
◎登記簿謄本
○取り寄せ先
法務局
○注意事項
権利証ではないので注意する。

家を自己所有している場合
◎登記簿謄本
○取り寄せ先
法務局
○注意事項
権利証ではないので注意する。
◎固定資産評価証明書
○取り寄せ先
市町村役所、区役所

その他家族、結婚歴、職歴、家計簿を記入した陳述書(下書きで、後に正式に弁護士が仕上げる)、印鑑(認印可)、ローン関係の明細などが必要。また、自己破産の要因思われる書類を思いついたら用意すると良いでしょう。すべて原本になります。

自己破産の法テラス扶助申し込み者はゆうちょ銀行の口座と届出印が必要。

以上自己破産の必要書類一式でした。

わかりやすい自己破産 (見る・読む・知るイラスト六法)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング