また腹痛 腹膜炎の影響?新たな病気発覚!再入院へ

2012年5月29日前回の突然の腹痛と似た様な症状になり、再び病院へ今回の詳しい症状は寒気と、下痢に伴う腹痛です。2011年12月27日のS状結腸憩室炎穿孔による腹膜炎発症で、腸管癒着の為の一時的人工肛門増設の影響かなと思っていたのですが、CTによる画像診断の結果、腎臓から伸びている2つある内の片方の尿管の通りが悪く、ほとんど排泄していないようです。画像を私も見ましたが、溜まっているのを確認できました。腹膜炎後の悪影響が原因の模様です。
治療方法は先生の話によると、膀胱から内視鏡を挿入して、通りの悪い尿管に管を入れて広げて排泄し易くする手術が必要とのことです。もちろん入院が必要です。
診察を受けたかかりつけのこの大病院には、泌尿器がないので専門病院への紹介状を書くということになりました。
とりあえず本日は帰宅です。明日紹介先の泌尿器病院へ出向いてみます。あとで気づきましたが、腹痛の痛み止めをもらうのを忘れていました。一時我慢です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング