永久人工肛門へ 身体障害者申請

2012年6月29日、泌尿器科病院からの手紙を持って、かかりつけの大病院の主治医の診察を受けてました。よく話し合いの結果、腎臓疾患のからみもあり一時的人工肛門を元に戻す手術を見送り、永久人工肛門へと変更することとなりました。元々S状結腸憩室炎穿孔による腹膜炎の手術の際、他の大腸の状態が悪かったので、人工肛門を元に戻さないつもりでも手術を行っていたとも説明をうけました。先生に福祉関係の優遇恩恵が受けられるとのことで、身体障害者申請も勧められました。早速診断書も書いていただけるようです。
その後病院付属の医療ソーシャルワーカーに身体障害者申請の詳しい説明を受けました。身体障害者申請というのは身体障害者手帳を交付してもらうということで、病院での診断書と写真(たて4cm、よこ3cm)、印鑑を持参して役所での申請をするそうです。病院の診断書は5100円かかり、出来上がり郵送まで1週間程かかるということでした。永久人工肛門は4級の予定です。ちなみに、一時的人工肛門での申請は不可で、閉じる予定が未定の場合は理由により申請が通る場合があるようです。
身体障害者手帳4級交付後は、JR、バス、地下鉄、市電、タクシーなどの割引、地域などで異なりますが、私の市ではウィズユーカード(4万8千円)、タクシー券(1万3千円)、ガソリン券(1万円)の中から好きなものを1点選択できます。(年間の総金額なようです)その他装具の支給があり、人工肛門の袋パウチが月に9000円まで支給されます。これには、身体障害者手帳を交付後持参して、手続きが必要です。
診断書が到着次第、役所に身体障害者手帳申請に行ってきます。
今回の腎臓疾患以外にも他の2次疾病が心配な日々です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング