身体障害者手帳交付で役所へ

2012年7月19日、身体障害者手帳交付で役所へ出向きました。窓口で交付決定通知書を見せて、身体障がいのある方に関する主な援護制度の説明を受け、印鑑を押して赤茶色の身体障害者手帳を貰いました。身体障害者等級表による級別は4級で、旅客鉄道株式会社旅客運賃減額は第2種でした。障害名はS状結腸憩室炎穿孔による社会での日常生活活動が著しく制限される直腸機能障害(4級)再認定不要となっています。
人口肛門なので、業者から送ってもらった見積書も提出して、後日「日常生活用具給付券」を郵送するとのことでした。ストーマのパウチの給付が受けられます。私のパウチは通常よりも大きめで、値段が高いので助かります。
交通費助成も受けれるので、福祉タクシー券を選択して貰いました。1枚500円で、中途なので22枚でした。3月いっぱいまでに使用しないと無効になってしまいます。満額は13000円分で5月に申請です。
以前に述べたように、腹膜炎発症から手術までの期間が長かったので他の合併障害が起こってしまいこのようなことになってしまいました。私の場合は腎臓疾患があり、糖尿病にかかると、無条件で人工透析になるようです。よって将来的に身体障害者等級1級になってしまう可能性もあります。
写真付きの身体障害者手帳を見ていると、何かショックです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング