交通事故10対0 後遺障害等級14級9号認定

友人がタクシーの運転手で、交通事故被害に遭いました。業務中の事故でタクシー同士の事故で10対0です。(交差点信号待ち中後ろよりわき見運転で衝突された)

首のむちうちと腰部挫傷(ヘルニア)の怪我ありです。5ヶ月程度通院しこれ以上改善しない様だと友人に聞いて、何か良い方法はないかと調べた所、半年位経過すると症状固定で後遺障害等級認定を受けれると分かりました。早速友人にアドバイスして、弁護士に依頼することにしたようです。後遺障害等級認定されると慰謝料も高額にになります。苦痛は結局お金で解決するしかないのでしょうか?
後遺障害等級認定には被害者請求と事前認定があり、相手方の任意保険会社に依頼するのが事前認定で、直接自賠責保険会社に対して、後遺障害等級認定を申請するのが被害者請求です。もちろん有利な被害者請求で申請です。
書類とかレントゲン、MRI画像とか集めて手間はかかりましたが、何とか被害者請求が完了しました。1カ月位経過して認定結果が到着しました。内容は・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「結論」自賠法施行令別表第二第14級9号に該当するものと判断します。「理由」腰背部受傷後の腰背部痛等の症状については、提出の画像上、変性所見は認められるものの、本件事故による骨折等の器質的損傷は認められず、その他診断書等からも、症状の裏付けとなる客観的な医学的所見には乏しいことから、他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉ることは困難ですが、治療状況も勘案すれば、将来においても回復が困難と見込まれれる障害と捉えられることから「局部に神経症状を残すもの」として別表第二第14級9号に該当するものと判断します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というものです。要約すると詳しい神経学テスト結果がないが、通院いっぱいしているので認めたと解釈しました。この等級の上はいきなり12級で「局部に頑固な神経症状を残すもの」のようです。
この結果により自賠責保険より75万円が即振り込まれました。
損害賠償の合計は別に94万7千円となったようです。(弁護士費用14万円支払い)合計で170万円です。
それなりの金額が入りましたが、友人は未だたまに痛がっています。お金が入ると必ず代償があると実感しました。


夜行バス衝突事故乗客7人死亡 群馬の関越道39人重軽傷 運転手居眠り

4月29日午前4時40分頃、群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道藤岡ジャンクション上り線付近で、旅行会社「ハーヴェストホールディングス」が委託したバス会社「陸援隊」の夜間高速ツアーバスが道路左側の防音壁に衝突した。乗客45人のうち7人(女性6人、男性1人)が死亡し、女性3人が重体で、運転手も含めた39人が重軽傷を負った。河野運転手は「居眠りをしていた」と、居眠りを認める説明をしており、群馬県警は自動車運転過失致死傷容疑で河野運転手の逮捕状を請求した。同時に無理な運行計画が居眠りの原因の疑いがあり河野運転手が勤務するバス運行会社「陸援隊」(千葉県印西市)と針生社長宅を家宅捜索する。

楽しいはずのゴールデンウイーク東京ディズニーリゾートツアーが非常に残念なことになってしまいました。

荒船山の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と確認!

群馬、長野県境にある荒船山(1423メートル)のがけ下で19日、遺体で見つかった男性について、群馬県警下仁田署は20日、身元を人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者臼井儀人(本名義人)さん(51)=埼玉県春日部市=と確認した。臼井さんは11日朝、家族に「荒船山に行く」と言って出掛けたまま行方不明になっていた。
同署によると、臼井さんの死因は全身強打による肺挫滅で、転落して11日午後、死亡したとみられるという。遺書などはなかった。同署は転落した原因を詳しく調べる。
臼井さんの遺体は19日午前10時25分ごろ、山頂近くの艫岩から約120メートル下の岩場で見つかった。険しいがけのため同日は収容できず、20日朝から搬出作業が始められ、午後になってヘリコプターなどで同署に搬送。春日部市から駆け付けた家族らが同日夜、身元を確認した。
遺体発見現場の周辺には、カメラや運動靴があり、財布や携帯の入ったリュックサックも見つかった。
臼井さんは出発時、家族に「11日夕方に帰る」と伝えていたが、戻らなかったため、妻が12日朝、埼玉県警に捜索願を提出。下仁田署によると11日午前、上信電鉄下仁田駅からタクシーで荒船山の登山口に向かったのが確認されているという。 
以上時事通信社より

クレヨンしんちゃん、昔アニメを良く見ました。おバカですが面白かったです。

本の方の継続どうなるんでしょうかね?

本当にこの度は非常に残念です。

岐阜県防災ヘリ墜落 搭乗3人の死亡確認

岐阜県の北アルプス奥穂高岳で11日午後、遭難者を救助していた県防災ヘリコプターが墜落した事故で、県警はヘリコプターに搭乗していた県防災航空隊の操縦士、朝倉仁さん(57)▽整備士、三好秀穂さん(47)▽副隊長、後藤敦さん(34)−の3人死亡を確認した。(産経新聞)より

国土交通省によると、ヘリはベル412型で、ヘリからワイヤを下ろし、救助隊員ら2人が救助のため地上に降りた後、テールローター(尾部回転翼)が岩などに接触したらしい。機体本体は谷に転落したとみられる模様。当初の飛行計画では5人搭乗の可能性があり、安否が気遣われます。

山岳地帯の飛行はベテランさんのプロでも難しいのですね。飛行事故は危険度が高いと痛感しました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスランキング